廃病院からの脱出を試みるアキラとアユミ。有力な手がかりを手にしそれに望みをかけ動き出す。手がかりをもとに向った先に待ち受ける謎の存在。その謎の存在そのものが脱出に繋がる何かであると確信するアキラ。二人を先導するかのように徐にどこかへと向う謎の存在。希望を抱きつつその後を追う二人だったが途中で予期せぬ事態に見舞われる…

おすすめの記事