『それで、俺の出番ですか?』初めて俺が声をかける。疲れ切った顔の社長がゆっくりと頷く。「彼女がウチを抜けてしまうのは困る。手段は任せるので、君に仕事を頼む」『わかりました。キッチリと遂行します』「ああ、キッチリとな。その為に私が直々にスカウトしたんだから」とある芸能プロダクションに所属している売れっ子アイドルの度の過ぎた我が儘がついに一線を越え芸能プロダクションの社長から主人公へある秘密の命令が下った

おすすめの記事