制服JK二人組が気晴らしに忍び込んだのは、かつて性的機械を開発していた大手電機メーカー跡だった。長らくそこに眠っていた機械の数々が、少女の香りを嗅ぎ付け目を覚ます……。不意に意識を失った美紀はクリや乳首に媚薬麻酔を注射され、動くことも出来ずに全身から汁を吹き上げ昇天する。駆けつけた沙奈も催眠をかけられ、自ら性感マシンにまたがると強制快楽によって見る間に体の自由を奪われる。快楽の檻に囚われた彼女らの前に恐るべき“主”が現れた……!「初めてだったのに……こんなのひどい………………っ!」処女だろうと無慈悲に犯され、主の中出し玩具となる———!!

おすすめの記事