「善意の死角~その日委員長の純潔は奪われた…~」委員長の成瀬美月は、クラスメイトの前田唯が男子生徒たちから強○されている事を見過ごす事が出来ず、正義感から放課後彼らに指定された場所へ足を運ぶ。美月は男子生徒たちに今後一切、唯と関わらないことを約束させる代わりに自らの身体を差し出すことを選ぶ。「これは同意の上での行為であって、決してレ○プ・強○ではありません」カメラの前で宣言させられ男子生徒たちに身体を弄ばれても毅然とした態度で振る舞うが、処女膜を突き破られ何度も出し入れされ続けている内に徐々に身体の異変に気づき始める。Tooi Kimi ni, Boku wa Todokanai 2

おすすめの記事