疲れてるの?隣人・由香里の熟した肢体に若気の猛りを打ち付けていく悟。注ぎ込まれる白濁は勢い良く飛び跳ねるものの、由香里からは、量が少なく勢いがないことを指摘されてしまう……その理由は、由香里が隣の自宅に戻った後にあった……開け放たれた窓。ベランダに浮かび上がるのは、月明かりに映える美少女の柔肌。素肌の上にシャツを羽織った無防備な姿で現れた未来のその姿に似合わぬ妖艶な笑みに吸い込まれるようにその華奢な体を貪りまくる悟であった……どうしてこんなに…由香里との情事に突き上げ搾り出したはずなのに、別腹の如く雄々しく猛り狂い、小さなメス穴を叩き付け、大量の白濁が注ぎ込まれていく。その姿を見かける度に激しく反応してしまう若気の猛りに逆らう事など出来なかった…由香里に頼まれた未来の送迎。ただ送るはずなのに……抑えきれない欲望は、バス車内での髪コキをきっかけに、学園をサボらせその肢体を貪りまくる身勝手な日常へと移り変わるのであった……

おすすめの記事