女系一族の東妻家、その長女、紫陽花(はるか)が聖オルキス学園の学園長を務め、次女の鈴菜は生徒会長、末娘の双子の小鞠(ひまり)と光鞠(こまり)が在籍している。元々女子校だったこの学園で、数少ない男子学生は不当な差別を受けていた。一族の圧政に追い詰められた男子学生たちは立ち上がり、小鞠(ヒマリ)、光鞠(こまり)を貶め次々と犯した。この事を切っ掛けに彗は、学園長の紫陽花を罠に嵌め学園の全権を握る。男子学生たちの恨みの矛先は東妻姉妹に向けられ、欲望の吐口に晒されてしまう。

おすすめの記事