ストーリー
白石陽一は念願であった教師となり、仕事面では充実した日々を送っていた。その反面、プライベートな部分が犠牲となり、彼女が出来ないまま数年が過ぎて行った。だが、赴任先が変わったことにより転機が訪れ、今では可愛らしい彼女がいる。雛田麻未。彼女は陽一が顧問を務める写真部の部員である。特に目立つところがなく地味なタイプの女の子である。そんな彼女と過ごす日々は少し変わっている。

おすすめの記事