「夏の陽炎」入道雲が空一面に広がる夏。プールにタケシと監視員の夏香里の二人だけがいる。タケシが毎日プールに通う目的は夏香里に会いたいからだった。その日夏香里は、長かった髪をばっさりと切り、目が虚ろで水着も先週と変わっていた。露出度が上がった夏香里の水着姿を見ていたタケシは興奮していた。突然雨が降ってきて更衣室に戻る二人。タケシは夏香里に抱きかかえられ股間を弄ばれると、そのまま発射してしまう。夏香里は、そんなタケシを見て、愛おしく自分のカラダで気持ちよくしてあげたいと思い、精液を掛けられた水着を脱ぐ。そして…。

長編動画はこちら

おすすめの記事