ある日、街の路地裏で地縛霊として過ごしていた主人公の元へ、退魔師の少女が尋ねてきた。少女は、主人公をこの場につなぎ止めているであろう心残りを思い出して成仏してもらう為、彼と対話を始めるのだった。会話が核心へと近付いたその時、主人公はある既視感に囚われてしまう。

おすすめの記事