ごく普通の社会人”佐方隆司”。ある日、考古学者で海外を飛び回っている父から『古美術品屋でいいものを見つけたからお前にプレゼントだ』と、荷物が届く。「やれやれ……しかしなんなんだよ、これ……まあ、大体予想はつくけどさぁ……」届いたガラクタ品(?)を取り出していると、一番下からピラミッド型の置物が出てきた。結構いい造りでネットオークションに出してみるかとか考えていると、つい手元がおろそかになり、うっかり滑らせてしまう。「えっ、えっ、ええっ!? なんだなんだぁ!?」落とした拍子に置物の頭がパカッと外れ、もくもくと白い煙が上がっている。それは一気に噴出して、あっという間に室内を……そして、おそるおそる目を開けると……。

おすすめの記事