葛木 翔子 談。彼は枯木 常考(かれき つねたか)勤続年数二十年になる歴戦の自宅警備員、なんて言っているけど、つまり引きこもりです。彼のお父様と再婚した私『葛木 翔子(かつらぎ しょうこ)』と、私の連れ子、姉の『さやか』、妹の『由紀(ゆき)』と一緒に、しばらく同居することになります。でも常考さんは気に入らないみたい。私たちに嫌がらせをして出ていかせようとしているわ。その標的は、由紀。なんだか最近、部屋でこそこそしてるあの子。一人で何をしているのかしら?胸の大きさを気にしてるみたいだけど、今のままでも十分可愛いわよ?あらあら大変、なんだか怖い顔で常考さんに迫られてるわ。……前もこんなことがあった気がするけど。気のせいかしら?

おすすめの記事