瑞希ちゃんはそわそわしながら待っていた。大好きなお兄ちゃんの帰りを今や遅しと、部屋をエアコンで冷やしスク水を着て待つ。毎日ケータイで遣り取りはしていたけれど…、やっぱり寂しくて、ちょっと泣いたりイロイロしたりもしてみた。でも、それも昨日まで。だって…がらりと開く玄関の音に、瑞希ちゃんは弾かれるように部屋を飛び出す。「シロにぃーっ!!!」とってもアツい夏が始まる。

おすすめの記事