村又さんには秘密があった。普段は口元を手で覆い隠していたが、「スプリットタン」=舌先が二股に分かれていた。部下思いの優しい村又さんは、失敗した部下である梶を励ます為に自宅へ飲みに誘った。自分の家飲みのため油断してしまった村又さんは、ついうっかり口を覆い隠すのを忘れその秘密を見られてしまった。その舌に興味を持った梶は童貞であった為に、筆下ろしをそれとなく求めてくる。そんな梶に思いを寄せはじめた村又さんは、スプリットタン特有の舌技で攻め立て始める。

おすすめの記事