「宮島桜」への「妊娠体験指導」は続いていく。受精願望を強く刺激され、精液に興奮する性癖に変えられてしまった桜。次のステップとして田中は、桜の母親「宮島椿」までをも催眠の毒牙にかける。「子作りの手本」という名目で娘の目の前で田中と子作りを始めた椿は、暗示により易々と乱れ、その痴態を晒してしまうのだった…。

おすすめの記事