母子家庭であり母親からの愛情にも恵まれず、家に帰りたくないという理由で援助交際を繰り返している少女「優里」。かと言って不特定多数を相手にするのではなく、彼女には決まった相手がいた。いつものようにナンパしてくる男、怪しげなスカウト達をあしらう優里のスマホに、その相手である「源三」から連絡が入る。優里は嬉々として彼の待つホテルへと向かい、父親に対する憧れと共に一晩の寝床と安らぎを得る。

おすすめの記事