初登校で初めての満員電車を経験する大人しく内気な少女「浅井早苗」。不安そうに電車に乗る早苗に目をつけたのは、痴漢の常習犯だった。初心な少女は、恐怖から声もあげられず痴漢の欲望に逆らえぬまま。最初は一人だった痴漢が気付けば人数が増え、徐々にエスカレートしていく痴漢行為に早苗は恐怖の通学時間を過ごすことになる……日々の痴漢たちによる責めに、早苗は自分が変わりつつあることに気づくのだが……。

おすすめの記事