何者かが世界の危機を救った数カ月後のこと傭兵として雇われていた俺は、ある日突然上司にリストラを言い渡され、故郷に帰ることに。旅の途中、森で暴漢に襲われが、突然現れた巨乳女戦士ティファーに命を救われた。その後に街で偶然ティファーに再会したので、勇気を出して「飲みに行かないか」と言ってみたら、意外にも「いいよ」と言ってくれた。だが、喜んでいる場合ではなかった。彼女と俺は酒場で妙な事件に巻き込まれたのだ…

おすすめの記事